IVRC落選しました。+その他

こんにちは、今やTwitterのアカウントが2つある意味がなかなかなくなってきて片方に偏ってます。
というかアカウントを切り替えるのがめんd

金曜日にIVRCの書類選考の結果が発表されたのですが、みごと落選いたしました。
(周りの人に書類選考とおるっしょwとかいってはずかしい)
今まで知らなかったのですが、審査コメントというのがいただけるようで。
光栄にもお三方からコメントをいただけました。

何回か読み直したのですが
「ふむ……」
といった言葉しか出なかったです。

というのも今回の企画書はいろいろな人に校正してもらったのですが、
教授と身近な人といった具合で、実際に赤の他人に見てもらうのは初めてだったんですね。

まるで

これを思い出しますね。

これも動画を上げる前に身内(バンド仲間)の評価やら初号機先生に評価を事前にいただいたりしてあげたものなんですね。
コメントにある通りチューニングあってません。
というかそもそもオクターブチューニングとかそんなものも知らなかった時代です。
弦高もめちゃくちゃで……というか、この動画の音声はヘッドホンアンプをボイスレコーダにつないで録音してました()

フィールドが違うところに飛び込んでいくことを実感した動画で、
気に入っていて消してないんですけど今回の選考もそうじゃないかと。

まったく新しいことに飛び込んでいくときはボッコボコにされたほうがなんだか長続きすると思います。
メンタル的にはやられますが。

コメントを外部に漏らしてはいけないっていうのはなかったと思うので、
転載しますが(ダメだったら連絡ください。訂正いたします。)

色々な機構を要素として盛り込もうとしているが,それがどう組み合わさって体験を構成するのかを設計しきれていない.足し算で考えるのではなく,いかに最小限の機構で最大限の効果を発揮させるかを考えたほうが良いだろう.」

ということです。なるほど。わかりました。
まるでギターの音作りのようだ()

ふざけてはないんです、ただあまりに正論過ぎて反論できません。
ほかの2つコメントは屁理屈こねられるのですがこれに関しては受け入れるしかないですね。

すべて匿名なのでどなたがコメントしてくださったのかわからないのが本当に残念です。

来年IVRCに参加するかはわかりませんがとてもいい勉強になりました。
企画書を初めて書いたのもそうですが、実際にコメントを頂けるほうがとてもプラスになったのかなと。

ちょっと振り返るべき時なのかもしれませんね。

コメント

非公開コメント

拍手

web拍手

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

Twitter...

プロフィール

Head

Author:Head
どもこんにちわHeadです
ゲームのこととか書こうとブログやり始めたら、
もっぱらギターばかりになってました。
最近はVR関連に興味がむいてます。それとunity

{ギター歴:2010.6/27~現在}
{unity:2014.8月~現在}


連絡用のメアド貼っておきます。何かあったら送ってください
head399★gmail.com(★は@に変えてください)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード