スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先端コンテンツ技術展に参加後

コンテンツ東京2016の先端コンテンツ技術展に参加してきました。その中で、いくつか体験させてもらえたので感謝の意味も込めてまとめておきます。
(関係ないですが、ビッグサイトで行われているイベントには「行ってきた」よりも「参加」と言いたくなります。)

と、いうことでまず最初はこれです。

[BLAST&BLAST]


積木製作さんのSIMVRを使った「Blast&Blast」体験してきました。
SIMVRは一時期ネットでは話題に上がったので覚えているのですが、実物を見るのは初めてですね。
ちなみにこちらの記事のモデルとは若干違いました。「http://www.moguravr.com/simvr/

上の動画の体験者、実は自分なのですが久々のゲームで舞い上がってます。

コンテンツの流れとしては、座るとチュートリアルが出てボタンの解説を行ってくれます。
リアルで設定を言うよりVR内で説明したほうが没入感が~というの話を聞いていたのでそれかなと。
加えて、係の人が説明する場合は人によって差が出てしまうのでそれを防ぐ案でしょうか。

その後動画の冒頭に繋がります。
コンテンツ自体のクオリティは高く、特に激しく動いた割には酔いがほとんど無かったです。

酔いは個人の主観にもよるのですが、終わったあとフラつくことも無く、かなり快適でした。

ここまではVRコンテンツとしての感想なのですが、ゲームとしてみると、
難易度はとても低め、最後の敵は恐らく勝手に死ぬ、敵なのかオブジェクトなのか正直撃ってみないと分からない、そもそもHPゲージがない。などなど……
あくまで技術展なのでこんなことを言うのはおかしくはありますが、企業も新規に作っているという感じを受けました。
ただし、酔いという難題をいい塩梅でクリアできている点では今あるコンテンツではぶっちぎりだと思われます。
素直にもう一度やってみたいと思いました。

お次は、「idogaVR」社のデモを体験してきました。
有名なコンテンツや目立ったものはほかのレポートで書いてあると思ったので
すこし趣旨の違うものを体験しました。

idogavr


このようにラジコンに360°カメラ(THETA)を搭載して、このカメラの映像をHMD(この展示ではOculusCV1)で運転手の視点になれるといった展示です。
手元にラジコンのコントローラがあるのですが、なかなか操作が難しかったです。
CV1ということもあり、眼鏡をはずしたのですが視力がもともと悪いのでそれも加わって、難易度はLUNATICでした。
システムとしてはUnityで動かしていて、ソースをみるとなにやらwebcamtextureでやっているみたいでした。
また、接続はUSBではなくHDMIを使っており、画質の向上とFPSの確保をしているようです。

と、いった具合でとても簡単?な仕組みかなと。
ですがロボットに360°カメラの相性は目を見張るものがあります。
ロボ科としてなにかに転用できないかと考えますね。



余談ですが、会場のHMDはCV1とViveがともに同じくらいでしょうか?
というのも一つのブースで何台ものHMDを使うところはViveを主に使っており、一つだけならCV1という構成が多かったです。
Viveを2台以上使う場合は、LightHouseをワンセットで済むのが魅力的ですね。

それと、DK2を使っているブースも少なからずあったように思えます。
必要スペック的にも低いので、移動型展示には向いているのかなというのが理由ですかね?

以上、つらつらと書きましたがいったんレポートは閉めたい思います。

コメント

非公開コメント

拍手

web拍手

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

Twitter...

プロフィール

Head

Author:Head
どもこんにちわHeadです
ゲームのこととか書こうとブログやり始めたら、
もっぱらギターばかりになってました。
最近はVR関連に興味がむいてます。それとunity

{ギター歴:2010.6/27~現在}
{unity:2014.8月~現在}


連絡用のメアド貼っておきます。何かあったら送ってください
head399★gmail.com(★は@に変えてください)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。