Androidの振動強度の制御について。続

気が付いたら7月になっていました。セミの鳴き声が聞こえてきてびっくりです。

さて、今回は過去二回にわたって考察してきたAndroidのバイブレーション機能の振動強弱の制御についてです。
原理的には
「PWMのような疑似的に0-1のデジタル信号から中間値を生成し、これを使って中間強度の振動を生み出す。」
ということでなんとなく方向性は間違ってはいない。と思いたい。

しかし、単位がms(ミリセコンド)なので、通常の組み込み的なPWMで使うus(マイクロセコンド)と比べるとやはり大雑把になりがちです。
APIが「ミリ」で提供しているのでこれを「マイクロ」にするのはさすがにきつそうだなと。
自前でここの部分もスレッドを切ったりなんやりすればもっと細かい振動の制御ができそうではある。と思う。

何かうまい方法を模索中です。(Vibratorクラス以外で振動子を制御できたりするのかな?

拍手

web拍手

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

Twitter...

プロフィール

Head

Author:Head
どもこんにちわHeadです
ゲームのこととか書こうとブログやり始めたら、
もっぱらギターばかりになってました。
最近はVR関連に興味がむいてます。それとunity

{ギター歴:2010.6/27~現在}
{unity:2014.8月~現在}


連絡用のメアド貼っておきます。何かあったら送ってください
head399★gmail.com(★は@に変えてください)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード