IVRC2016

Viveが届いてから一ヶ月。色々ありました。

IVRCの書類選考ですね。
IVRCは「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」の略で、1993~毎年開催されています。
とくに去年は失禁研究会 (電気通信大学)の「ユリアラビリンス」がネットで有名になり知ってる人も多いんじゃないでしょうか。


という由緒正しいとっても真面目なコンテストです。しかも応募資格は「学生であること」だけなので実際に企画書を書いて提出してきました。
7月上旬が書類選考の結果発表みたいです。すごい楽しみです(どきどきてきな)

今回、企画を考えるにあたってなのですが、過去の作品は素晴らしいものが多く、20年やっているコンテストです。
なので新しい企画を思いつくだけでも大変です。というか大変でした。

そこで、過去作品を体験してきてその体験を超えるっ!という方向でとりあえずは決めました。
いま選考中で詳しく書くと問題ありそうなのでやめておきますが、実際に過去作品を体験しました。

「学生がつくる」といってもさすがに大学生が本気で考えて、本気で作っただけあってクオリティはすさまじかったです。

ですが、体験してみて面白かったけど物足りないと思ってしまうことがあってもったいないなと…
そこでこの物足りなさを原動力に企画を立てました。

結果、取材しなければいけなくなって(奨学金で)コンタクトをつくって体験してきました。

「VRで彼女を作っているのですが、なかなかリアルになりません…どうすればいいの?」〜白井博士のVRおもしろ相談室 第1回〜
にもある通り「彼女がいない人がリアルな彼女が作れないのは当たり前のこと」なんですよね。

「体験したことないことを他人に体験させる」って突き詰めると、ただのウソになるわけで。
「体験したことあることを他人に体験させる」っていうのは工夫になると思うんですよ。

そこで実際に取材(言い方カッコいい)して、体験してきました。
取材楽しかったです!!()

とまあ企画書を何度も書き直して、書き直して、取材して、書き直して…
と必死にやったので書類選考は通ってほしいのかな?といったところです。

拍手

web拍手

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Head

Author:Head
どもこんにちわHeadです
ゲームのこととか書こうとブログやり始めたら、
もっぱらギターばかりになってました。
最近はVR関連に興味がむいてます。それとunity

{ギター歴:2010.6/27~現在}
{unity:2014.8月~現在}


連絡用のメアド貼っておきます。何かあったら送ってください
head399★gmail.com(★は@に変えてください)

最新トラックバック

Headの弾いてみた(最新)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード